【診療時間】 9:30~13:00/14:00~19:00
【休診日】 日曜
海部郡大治町西条字南井口16

【診療時間】 9:30~13:00/14:00~19:00
【休診日】 日曜
海部郡大治町西条字南井口16

駐車場
11台完備

ブログ BLOG

乳幼児のお口の育て方・食育☆

こんにちは。星の森ファミリー歯科・歯科衛生士の松島です


だんだん寒さも本格的になってきましたね

風邪やいろいろなウイルスはお口から入ることが多いです。
お口の中を清潔に保つことはウイルスブロックにつながります。

お口のケアをますます頑張りましょう


さて今回は乳幼児のお子さんのお口の育てかたのお話をしたいと思います


最近では乳歯の歯並びがなんだかガタガタしているなど、早期よりお子様の歯並びの心配をされる保護者の方も増えてきました。

「ちゃんと大人の歯が並ぶのかな?」

かみ合わせはこのままで大丈夫?」



心配はあるけどどうしたら良いのか、何をしたら良いのか分からないというのが正直な気持ちではないでしょうか


子育て中のお母さんからの質問で特に多いのが


「歯並びが良くなる食べ物はどんなものですか?」


子供には硬いものを食べさせたほうが良いと聞きましたが具体的には何が良いですか?」


など食事に関することです。


そのような場合、食材というよりもお口を大きく開けてたべられる形態で出してあげてくださいとお話しています乳歯がほぼ生え揃った2歳から2歳半以降)


キーワードは

゛あんぐっ゛゛にちゃがじっ゛゛れーろれろ゛です


まず、前歯で゛あんぐっ゛のかじりとりをすることで一口量を覚え量的感覚を身につけます。

また前歯をしっかり使う事によって歯の根っこを刺激し脳へ信号が送られ筋肉や骨の成長を促します。これは当然奥歯でも同じことが言えます。


かじりとる時には大きなお口を開けて食べ物をがじりとり、次にしっかりと唇を閉じて食べ物をお口から逃がさないようにするのでお口の周りの筋肉(口輪筋)も使うことになります。


そして臼歯で゛にちゃっがじっ゛とすりつぶしてよく噛むことで次の咀嚼の意欲を引き出し、たくさん噛むことがあごの発達へつながります


最後の゛れーろれろ゛では歯を並べるのに一番大切な役割をする舌が大活躍をして、食べ物をお口の中で右側へやったり左側に移動させたり唾液を分泌させて食べ物とまぜ合わせてこねたり丸めたりしながら飲み込みやすい塊にしてゴックンと飲み込みます。


当たり前に行うこの一連の作業がお子さんのお口を育てるとても重要な活動なのです。


是非、お子さんの食事を作る時には包丁を使う回数をなるべく減らしてお子さんの前歯の包丁を使わせてあげてください。


ところで、「おかあさんはやすめ」ってご存知ですか?
http://www.dentalpark.net/8020_kande_kae.html

このようなお子さんの好きないわゆるカタカナ食は噛む回数も少なめです。

このような食事の時でも和食によく使われる、「まごわやさしい」の食材を足してあげるだけで噛む回数も栄養もアップします。
https://macaro-ni.jp/46060

 

日々のお食事の中のちょっとした工夫でお口の育ち方は大きく変わってきます。


小さな頃からしっかり良く噛んで食べるということで顎やお口の周りの筋肉を育て、豊かな味覚を育てます。

一生自分の歯で噛むことの土台を作ってあげることが良い歯並びを作ることにつながります

 

当院では低年齢のお子様の歯並び相談や栄養指導、お口育てのアドバイスもさせていただきます。

ちょっとしたことでもご質問大歓迎ですのでお気軽にご来院くださ






星の森ファミリー歯科では患者様をお待たせしないよう、ご予約制とさせて頂いております。
当日のご予約が埋まってしまっている場合でも、随時急患様はお受けしておりますので、ご来院の前に一度お電話ください。

 
又、ホームページからWEBでの予約も24時間受け付けております

是非、ご利用ください

TEL*052-443-4650  

フリーダイヤル*0120-824-182