【診療時間】 9:30~13:00/14:00~19:00
【休診日】 日曜
海部郡大治町西条字南井口16

【診療時間】 9:30~13:00/14:00~19:00
【休診日】 日曜
海部郡大治町西条字南井口16

駐車場
11台完備

ブログ BLOG

歯を削る前にできること、マウスピースの可能性は?


星の森ファミリー歯科・院長の舟橋です。

直接診ても特別な変化もなく、レントゲンで虫歯や歯周病もない、

こういう場合は歯軋りや食いしばりを疑います。



*参考文献

 元・神奈川歯科大教授の佐藤貞雄先生の著書

 ブラキシズムの臨床 佐藤貞雄・玉置勝司・榊原功二 クインテッセンス出版



さて、治療は普通良く行うのは噛み合わせると強く当たって痛みがある歯を削りかみ合わせる力を逃がすようにします。

貴方もこんな経験をされたことはないでしょうか。



歯を削るという行為はご自身の一部を減らしている事になります。

全く虫歯でもなく被せても無い歯はどうしても必要な場合を除き、簡単に歯を削ってしまうのは、どうかな?と私は思います。


さて、そこで私ならどうしているかと言いますと
見たところ歯に何ともない場合はまず就寝時の歯軋りや杭縛りを疑います。で、夜就寝時に装着するマウスピースを作ります。(夜用マウスピース又はナイトデンチャートとも言います。)

それを寝ている時につけていただきます。

すると、次の朝、今まであった歯の痛みがなくなっていました。

これには患者さん自身がびっくりされます。自分では歯軋りなんてしてないと思っていたし、まさかこんなに痛みが軽減してしまうとは。と言う結果になることが多いです。



他の症状で挙げますと

冷たい物がしみて歯の痛みがある。

・朝起きると顎に鈍重感がある。

・自分の歯軋りで目が覚める。

・顎が痛い。

・偏頭痛がある。

・いびきをかく。

・関節雑音がある。など


参考)日本歯科医師会 顎関節症
歯とお口のことなら何でもわかる テーマパーク8020

https://www.jda.or.jp/park/trouble/index04.htm

(顎関節症スクリーニング項目) を参照してください


私が作製するマウスピースは上顎と下顎の両方に入れます。


上下でセットになってバランスを整えるタイプです。

マウスピースと呼ばれるものはたくさんありますが、特別な機能を持つオリジナルなマウスピースです。詳しく統計をとったわけではありませんが

このDr舟橋作のマウスピースを装着した方の8割以上の方に高評価をいただいております。


これは東京歯科研究会というスタディグループに所属しているDr.舟橋が長年にわたり研究し、たどり着いたマウスピースです。

http://www.kamiawase-green-shika.com/oldway/#night


そこでは夜就寝時の噛み合わせ、起きてから日常の生活をしている時の噛み合わせ、そして食事をする時の噛み合わせをその時々に応じての調整を考え適材適所に対応できるような環境を整えるお手伝いをする歯科医院です。

非常にレアな治療を、あちこちの歯科を回ってどうにもならなくなった方が集まってくる歯科医院で私たちは究極の歯科治療は何かを考え、歯から影響する身体へのアプローチを見ながら健康で老いる人生を歯科からという理念で活動しているグループです。

詳しくはグリーン歯科の
H Pをご覧ください。


http://www.kamiawase-green-shika.com/oldway/#night

マウスピースは全てDr.舟橋の手作りで個々に噛み合わせの問題点をお話ししています。

作製には高価な道具を用いずDr.舟橋の手の感覚で行います。

そしてまずは試用期間を設ける意味で保険での治療から始めます。



さて歯の痛みが消えた原因を私が思うに、

マウスピースは左右のバランスを整えるように設定してあります。その為左右差がなくなり顎が真っ直ぐに動くことができます。また噛み合わせが少し高くなりますので関節内では関節の頭が少し浮いている状態で関節窩を強く押さなくなるので耳の周りの組織にも影響が及ぶのでは無いかと推察しています。



人は寝ている間にも生命活動を維持しています。呼吸や飲み込み、咬む運動も無意識に行っています。

知らず知らずに噛み締めがあったり、呼吸が苦しくなると口呼吸になり口腔乾燥症が起こったり、歯周病にもなりやすくなります。



このバランスを取る事で頭頸部周囲のコリが減り偏頭痛・肩こりと首の痛みも軽減する可能性が出てきます。実際に偏頭痛がとても酷く寝るのも辛かった患者さんがマウスピースを入れると全く痛みがなくなってしまったという経験をしました。マウスピース無しでは生活できなくなったのは当然です。



単純なマウスピースですが、ここまで効果があると侮れない存在になります。費用対効果は抜群です。



次の段階ではマウスピースで違和感が取れるのはいいですが朝マウスピースを外した瞬間に違和感をおぼえます。

これはマウスピース装着時には上顎と下顎の11の関係になっています。これが本来の顎対顎の正しい噛み合わせのポイントです。



ところが顎のバランスの取れた位置と歯のかみ合わせが一致していないと外した直後は違和感が出ます。しかしこの状態も
30分ぐらいでなくなります。

つまり、これが正しい顎の位置関係と普段の習慣的位置関係の差になります



本来持っているはずの上顎と下顎のバランスを整えたわけですが、その位置と歯の噛み合わせが一致していないので違和感となる。この差が多いとさらに治療を進めていかなくなります。

夜マウスピースを装着すると何かが違う。何となく良くなった?とかでもいいので、少しでもプラスなれば使用する意味があります。



マウスピースの効果を実感されると、しないままで寝るのが怖くなったという方がいるほどその効果は明白です。

私は歯軋りなんていてない。と思っている方いませんか?

なんとなく原因不明の違和感を感じていませんか?

そんな方にはお勧めです。


単純にマウスピースを入れるだけで大きな変化を感じます。まずは噛み合わせの気になる方へお試しいただくことをお勧めします。






星の森ファミリー歯科では患者様をお待たせしないよう、ご予約制とさせて頂いております。
当日のご予約が埋まってしまっている場合でも、随時急患様はお受けしておりますので、ご来院の前に一度お電話ください。

 
又、ホームページからWEBでの予約も24時間受け付けております

是非、ご利用ください

TEL*052-443-4650  

フリーダイヤル*0120-824-182